ヴォイスレジスタ

NEWS お知らせ

SCROLL

部屋とリモートとアプリ。「声のコンビニ©」発動!

さて、ナレーションの依頼である。ありがたや。

映像の会社を立ち上げている、もともと映画も撮っていたカメラマン、

かつて日藝で一緒にバンドを組んでいた仲間のひとりからである。ありがたや。

 

ボクが上京する際には、福田氏が来日するとかほざいて、何やかんやで集まってくれる。

あれだけ学生時代に西武線の江古田界隈でブイブイ言わせていた、かどうかはさておき、

いまやニッポンのカルチャーを動かしている連中ばかりである。おそろしや。

 

ちなみに江古田駅の北口には、「のだめカンタービレ」がどーんと描かれている。

ここから数分の武蔵野音大が原作のモデルと言われているが、

中身の「ヘンタイの森」と表現される部分は、北口直近の日藝がモデルとも言われている。

超一流のアーティストはおそらく、紙一重なのだろう。そんな人材の、森。

僕と息子は、そこで磨かれたというか、洗礼を受けたというか、まあアレである笑。

 

本社、と呼んでいる自宅には、グランドピアノを入れた防音室がある。

改築した当時は、こんな使い方をするとは思ってもみなかったが、

 

送られてきた専門用語がぎっしり並んだ原稿を前に、

今や人気絶頂の「YOASOBI」のAyase 氏が作曲に使っているのと同じアプリを使い

江古田で学んだことをベースにマイクを使ってナレーションを録音して、

サンプリングレートがなんちゃらかんちゃらでミックスダウンして

音声データをメールで東京にいる仲間に送ってみた。ありがとね、だそうだ。

いやはや、スゴい時代である。

 

東京に物理的に行かなくても、出来るじゃん、というのを実感した。

声のコンビニ、と命名してくれたのは、知らない人はいないアレの仕掛け人。

彼が示唆してくれた、「夜中の編集中に、さて困った」を救援できる見込みが立った。

 

応援してくれている、親愛なるヘンタイの森・日藝の仲間に感謝。ありがたや。

 

 

 

Twitter

Facebook

090-1515-4729

声のコンビニ©
喋るお仕事、24時間承ります!
突然のナレーション差し替え! 迫る締め切り!
そんな貴⽅を⾼品質低予算で サクッとお助けします(´∀‵)

株式会社ボイスレジスタ

閉じる